節税対策を上手くするためには弁護士選びが重要

相続税の増額に伴い、相続税対策を弁護士や税理士に依頼する人は増えています。相続税は依頼する弁護士や税理士によって差がでることをご存知ですか?土地を含めて財産を適正に評価して、節税対策を行いますが、1人1人の相続人に合った申告報告ができているかは弁護士や税理士の腕にかかっているとも言えるのです。残された財産をどのように分割するかは、家族や相続人によく考え、お気持ちを踏まえて慎重に判断する必要があります。相続問題は大切な財産をいかに円満に家族へ引き継ぐかが重要になります。さらに相続税をいかに節税できるかもポイントになってくるでしょう。つまり相続税にかかる納税をできるだけ少なくしたい、節税対策をしっかりととりたいという場合には、弁護士や税理士選びが重要になります。適当な弁護士事務所に依頼するのではなく、どこの弁護士事務所や税理士事務所が節税対策などに強いのかをしっかりと把握してその中から自分にあった事務所を選ぶことがよいでしょう。

遺言書の作成は弁護士に依頼するのがよい

相続対策の基本は遺言と言われています。遺産相続体験談の中には、遺言書がないため相続間でトラブルを起こす事例が増えています。Aさんは自分の娘に財産を残したいと生前に弁護士の先生のところに相談へ行きました。相談の結果、公正証書遺言が確実という話になり、法律上問題がないように遺言書の作成をお願いするといったケースが多いです。もしも遺言がない場合には、娘さん以外にも他の法定相続人に財産分与しなければなりません。そのため遺産分割協議が必要になり、遺産を分割するのに相続人全員の同意が必要になるのです。1人でも反対する人がいると、遺産分割協議は成立しませんので、もめごとが嫌いな人は自分が生きている間に遺言書を作成しておくことをおすすめします。Aさんのように弁護士や税理士に相談しながら作成をしていけば、法律的にきちんとした遺言書の作成をすることができます。公正証書遺言では2人の証人が必要であり、証人の用意も弁護士の事務所などで用意してくれるのです。

遺産相続トラブル体験談~子供がいない夫婦のケース~

親せきや家族が亡くなると遺産相続の問題が降りかかります。円満に遺産相続を行わなければいやな思いをしたり、いがみあったりして問題が片付かないというケースも多いようです。今回は遺産相続体験談の中でも子供がいない夫婦のケースについてお話します。Gさんはご主人と2人暮らし。仲の良い夫婦でしたが、子供には恵まれませんでした。Gさんのご主人はここ数年ガンによる入退院を繰り返しており、先月亡くなってしまいました。生前に遺産相続の問題を整理しておこうと話していた矢先に亡くなってしまったので、遺言書の作成もしないままGさんのご主人はなくなってしまったのです。子供がいない場合の遺産相続は、残された配偶者にすべて財産がいくと勘違いしている人がいますが、決してそんなことはありません。親が健在の場合には、配偶者が3分の2相続し、残りの3分の1を親が相続することになります。親がいない場合であっても兄弟がいるのであれば、財産の4分の1は兄弟に相続されるのです。もめごとをなくすためにも、弁護士や税理士に事前に相談することをおすすめします。

相続の無関心がトラブルにつながる

遺産相続のトラブルなんて我が家には関係ない、ほとんどの方がそのように考えておられることと思います。実際、テレビのドキュメントやドラマでもよく題材になるテーマですが、見ていても他人事のように感じる方がほとんどではないでしょうか。しかし、実は後に遺産相続のトラブルになる方のほとんどが、我が家の財産状況でまさか遺産相続に関するトラブルが起こるなんて考えたこともなかったいうものです。つまり遺産相続に関する関心のなさや知識不足こそがトラブルの大きなもととなるのです。かといってまだ元気に親が生きている間に遺産のことを話すなんていうのは気がひけることであるのは間違いありません。だからこそ、前もって弁護士に相談するのは非常に良いことと言えます。弁護士は遺産相続に関するトラブルを解決するためだけにいるのではありません。むしろ、トラブルを前もって回避するためのアドバイスをしてくれるのが弁護士です。では、具体的にどのようなケースで遺産相続のトラブルが起きるのでしょうか。こうしたケースを知っておくのは良いことです。たとえば、長男長女が自分全てを相続すると思っているケースです。特に親と同居している長男長女の場合、そのように考えるケースが多く見られます。つまり遺産を独り占めしようとする人物が出てくるケースです。兄弟間の間でまさかそのようなことが起きるはずがないと考えていても、急にこうしたトラブルが起きるのが遺産相続です。遺産相続において被相続人の意思というのは非常に強い影響力を持ちます。しかし、遺言書の内容が極端に偏っていたりする場合もあるため、遺言書がかえってトラブルの原因になることがあります。ですから遺言書を残したいと思っている方もあらかじめ弁護士に相談して内容を考えておくのは良いことです。遺産相続にあたっては幾つかの士業の方のサポートが必要となりますが、まず最初に弁護士に相談することでその後をスムーズに話を進めることができるでしょう。

スムーズな相続のために

インターネットの知恵袋などの情報を見ていると、多くの方が匿名で相談していることの1つに相続の問題があります。もちろん匿名での相談ですし、インターネットという場での相談であることを考えると、相談内容の真偽のほどは分からない面もありますが、それでも多くの人を悩ませる問題であることは間違いありません。遺産相続の問題は基本的にはそれほどスムーズにはいかないと考えたほうが良いでしょう。なぜなら、やはり人は守るべき家族も持ち、自分の家族の権利を考えるようになるからです。ですから、自分たち兄弟のような仲の良い家族に限ってはそんなことは決して起きない、とタカをくくらないことは大切です。そのようにタカをくくっている人ほど後のトラブルにショックを受けて、逆に感情的になりがちだからです。それで、できるだけ早い段階で弁護士に相談しておくのは良いでしょう。可能なら、家族みんなが冷静に話し合える段階で、これからもずっとみんなで仲良く生きていくために、ということで一緒に弁護士に相談すると良いでしょう。ではどのような弁護士に相談したら良いでしょうか。弁護士に相談するのは気がひけると感じられる方は多くおられます。インターネットで弁護士、相続といったワードで検索してみると、遺産相続に強い弁護士や実績のある弁護士を探せるサイトが幾つかあります。また、直接弁護士に相談する前に、いったん匿名で弁護士に相談してみたいという場合には、簡単な相談のみをすることのできる弁護士事務所のサイトもあります。さらには遺産相続の弁護士への相談広場のようなものもありますので、それらを上手に活用してまずは一般的な回答を探してみるのも良いことです。その後、良い弁護士を探すこともできます。遺産相続の問題もやはりどんな弁護士で良いというわけではありません。この問題に関する実績の豊富な人であるほどより実際的なアドバイスをしてくれるでしょう。皆さんが良い遺産相続をするために弁護士の助けを得ましょう。

遺産分割の流れについて

被相続人が亡くなると、その被相続人の財産は相続人のものとなります。ただ、その際に相続人が複数いる場合はその複数の相続人の共有財産となります。この共有財産を各相続人に分割することを遺産分割といいます。そして、この遺産分割が多くの場合、さまざまな複雑な問題を引き起こすものとなるのです。ちなみに遺産分割はいつまでにしなければいけないという期限はありません。遺産分割が行われない限りはその遺産は共有状態が続くことになります。では、実際にその共有状態にある財産をどのように分割していくのでしょうか。遺言があれば、その内容に基づいて遺産を分割することになります。これが最もスムーズに進む流れといえるかもしれません。しかし、遺言がない場合はどうでしょうか。その場合は相続人全員で分割する協議を行う必要があります。ただ、この協議は通常、難航するケースが多くみられます。そのためにも第三者である弁護士に入ってもらうことは非常に助けになるでしょう。弁護士は最初の段階からなるべくトラブルが長引かないためのサポートをしてくれることでしょう。もし、弁護士が入ってもまとまらない場合はどのように物事は進んでいくのでしょうか。その場合は、まず家庭裁判所の調停による遺産分割がなされます。これが第一段階です。このあたりで話がきちんとまとまることが多いのですが、この調停でもまとまらないと審判による分割が行われます。そして審判にも納得できない、まとまらない、となった時には最終段階として裁判になるのです。こう考えてみると、やはり遺産分割をスムーズに進めるうえで法のプロフェッショナルの存在は欠かせないことが分かると思います。さて、どんな弁護士に依頼すると良いかという問題があると思いますが、これについては遺産相続の実績を積んでいる弁護士に依頼するのがやはり良いでしょう。これは最近ではインターネットでたくさんの情報を得ることができますので、まずは無料相談を幾つかの弁護士事務所にしてみるのも良いでしょう。その時の対応を見てどの事務所に本依頼をするかを決めることができるでしょう。

不要なもめごとを避けるために

人が亡くなるとその人が遺した財産をどうするか、という問題が生じます。そしてこの遺産相続は仲の良かった家族を一瞬にして複雑な関係にしてしまう要素を秘めています。残された家族が本当の意味で仲が良く、長子が家を受け継ぐのは当然、ということで話がまとまるのであれば当然問題は生じません。しかし、そうは簡単にいかないのが遺産相続です。例えば、ほかの相続人のことを知らなかったり、ほとんど縁がないような相続人がいる場合、相手に相続放棄を依頼することからしなければならず、そこで多くの場合、もめごとが生じてしまうのです。では、もめないためにはどうしたらよいのでしょうか。まず、なぜこの問題で人はもめてしまうのか、もめないためにどのような考え方をしたらよいのかを知っておくことは重要です。そして、法の専門家である弁護士に相談することも非常に大切です。たとえば、通常ほとんどかかわりのない他の相続人に相続放棄を依頼する場合のことを考えてみましょう。多くの人は、相続する財産状況を隠そうとします。それは、公開するならほかの相続人から多くの財産を要求されるのではないか、と心配するからです。そのためすべてを公開しようとしないケースが多くみられます。でも、隠そうとしたり、内容をぼやかして話そうとすればするほど、相手の不信感は募り、問題が起きやすくなります。ほかの相続人が現在の財産状況を教えてほしい、と言われた時には、隠そうとするのではなく、きちんと正直に話すことが肝心です。もちろんこの段階で弁護士のアドバイスをもらっておくことは大切です。どのように公開するかをアドバイスしてくれるでしょう。ここで下手に隠し事をしたりすると、相手の相続人も非常に不快な思いをし、結局遺産をほしいなどと思っていたわけではないのに、ということで不要なもめごとが起こる原因になってしまうのです。ですから、まず遺産相続の話が持ち上がった時には他の相続人のことを敵のように思わないことが肝心なのです。